不動産

賃貸借契約と借地借家法

賃貸借の対抗要件 土地を借りていたが、その土地を第三者が買ったとき 不動産の賃借権は登記があれば第三者に対抗できます。(民法605条) なので、登記がないと借りていても対抗できません。 借地権は登記してないが、その土地の上に建物...
時効

取得時効に関する問題

取得時効一般 時効取得できる権利 所有権、地上権、永小作権、地役権、不動産賃借権 時効取得できない権利 占有権、留置権、先取特権、抵当権 取得時効の要件 所有の意思をもった占有であること 賃借人は自分の所有物として占有してない...
売買契約

売買契約と手付

手付と解除 手付には種類があるが原則的には解約手付、一般的にも解約約手付とされている。 買主が売主に手付を交付したとき 相手方が契約の履行に着手するまでは、買主は手付を放棄して、売主は手付の倍額を現実に買主に償還することで契約解除でき...
贈与契約

贈与契約に関する問題

贈与契約と負担付贈与 贈与契約は無償契約。負担付贈与は有償契約に近いので売買契約と同様に債務不履行や担保責任が適応される。 書面によらない贈与契約の撤回 書面によらない贈与は履行の終わってない部分は自由に撤回できます。(民法550条)...
相続

相続に関する問題

相続全般 相続前に被相続人の子が死亡してたとき 直径卑属であれば子から孫、ひ孫へと代襲相続されます。(民法887条) 被相続人に子や代襲相続人がいないとき 被相続人に直系尊属が相続人となるときは被相続人の兄弟姉妹が相続人となることあ...
意思表示

意思表示の錯誤

錯誤による取り消しができるとき 社会通念に照らして重要であるとき。 要素の錯誤、又は動機の錯誤(法律行為の基礎として表示されてるとき)は、表意者に重大な過失がなければ取り消せる。(民法95条1、2項) 表意者に過失があるときでも錯...
委任契約

委任契約の関連問題

委任契約の特徴 診療契約、弁護士依頼契約、不動産取引仲介契約など。 委任契約は法律行為をすることを委託し、相手が承諾することによって効果を生じる。 受任者には善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務があります。(民法6...
不動産

原状回復義務と敷金

賃貸借契約の終了と原状回復義務 賃借人は賃貸借契約の終了時に原状回復義務を負いますが、通常に使用によって生じた損耗や経年劣化については対象外です。(民法621条) 賃借人に帰責事由のない自然災害等も原状回復義務はありません。 敷金...
債務不履行

債務不履行の関連問題

債務不履行と解除 債務不履行による解除は目的が達成できない場合の救済であり、必須ではない付随的義務の履行を怠ったに過ぎないような場合には特別な事情がなければ契約を解除することはできない。(判例) つまり、不履行が付随的義務なら解除は...
保証契約

保証契約と根保証契約

保証契約と根保証契約の違いを問う問題 例 住宅ローンの保証人は保証契約(保証額が決まってる) 例 賃貸借契約の保証人は根保証契約(保証額が不定) 口頭による合意が有効かどうか 保証契約は書面でしなければ効力は生じません。(民法4...
タイトルとURLをコピーしました