行政書士の次にとる資格はどれが良いか

予備校のように行政書士に合格したなら次はこの資格というのを考えて見ました。難易度はともかくとして行政書士との関連性や相性を比較した。

宅建士

不動産の登竜門。特に行政書士との関係はなさそうだけど、不動産関係やるなら当然に必要な知識なので勉強としてありか。

ただダブルライセンスの意味はまったくないらしい。

司法書士

ダブルライセンスの定番。登記が必要な仕事なら必要なので、農地転用や相続の仕事をやるなら相性も良さそう。

ただ気軽に取るには難易度が高い。司法書士の仕事に専念したほうが良いのではないか。相性が良いというよりも司法書士なら行政書士も簡単い合格出来るというだけかも。

土地家屋調査士

司法書士と同じ登記の専門家。司法書士よりも試験が簡単らしいので良いかも。ただ、オッサンの地域だと同業者が沢山いる。

土地家屋調査士は初期投資に実務経験がないと厳しいなど、仮にやる場合は土地家屋調査士がメインでないと割に合わないことになる。

不動産鑑定士

不動産の価格を決める。不動産関係なら関係はあるけど、相性としてはあまり関係なさそう。試験は昔よりは簡単らしいけど、難関には違いない。

試験合格後に実施研修が必要らしい。費用も高いのでとても気軽に取れるようなものではない。

社労士

ダブルライセンス多い。会社設立から労務管理を一括して請け負うことで顧問契約をゲットすれば安定収入が見込めるかもしれない。

相性というよりも幅が広がる感じだろうか。

税理士

行政書士資格がおまけで付いてくる。会社設立から税務顧問をゲットできる。今の税理士試験は難しいらしいので、オッサンが今からやるのは無理そう。

弁護士

上位資格なので行政書士資格が付属。弁護士が行政書士の仕事やるメリットはなさそう。むしろ行政書士に弁護士のような仕事をやられると困るみたいな感じだろうか。

ファイナンシャルプランナー

資産運用?

資格を活用というより勉強のために。

簿記

簿記の資格は意味ないとしても、最低限の会計知識はあったほうがいいもよう。

タイトルとURLをコピーしました