行政書士試験に合格した後の進路を考える

行政書士試験合格者として転職する

これは厳しい。若年者ならまだしもオッサンが資格とってイチからお願いします的な採用を期待するのは不可能だと過去の経験からもわかってるので諦めてる。

独立するにしてもオッサンは士業についてまったくの素人で経営者的な知識も経験も皆無なので少しは学習してから独立したいのが本音だが、そう上手い話しはない。

行政書士として独立開業するかどうか

ギリギリとはいえ試験に合格出来たので、登録をすれば行政書士として活動することができます。ただし、登録には事務所の準備や、登録料に毎月の月会費も必要になるので、とりあえず登録するような類のものではないようだ。

本気で行政書士になるのか。本当に行政書士としてやっていけるのか。それがハッキリしないまま開業しても何もしないまま経費だけが掛かってしまうので急ぐ必要はない。

試験に合格するまでの苦労とはまた違った悩みで、正解はないので自分なりの道を探すしかないのだろう。

行政書士としての事務所をどうするか

独立開業するとして自宅開業するか、どこかに借りて事務所を準備するかどうかです。最初は自宅で、軌道に乗りそうなら事務所を借りるのもありなので最初は自宅でも問題なさそうですが、自宅開業にはいくらか条件があるようなので、自宅に家族がいたりすると難しい面もありそうだ。

行政書士としての実務をどうするのか

行政書士の試験は実務とは直接関係がないので、試験に合格しただけでは実務能力がゼロなのです。研修制度などもないので、はっきり言えば試験に合格しただけで完全なる素人です。仮に行政書士として独立しても依頼主よりも知識がないと依頼があったとしても右も左もわからず手探り状態でやるのは難しそう。

行政書士は業務範囲が広いので何かに特化して専門分野を固めるか、手広く何でもやる方針にするかも難しい。都会と田舎では地域の特性や事情がまるで違うので同じことやろうとしてもおろらくダメで色々と検討することが多そう。

司法書士などの資格を目指すかどうか

行政書士として即開業するのでなく他の資格の合格を目指すのもありか。行政書士として曲がりなりにも開業してしまうと、資格勉強よりも実務に関心がいくのは当たり前で、そうでないと廃業一直線でしょう。なので、開業してからさらに難しい資格を目指すのは現実的ではないかも。

比較的に合格しやすい行政書士と司法書士とでは難易度はまったく違うし、仮に合格出来たとしても順調にいって2,3年の試験なので下手するとオッサンが老人になってしまう。資格があれば安泰でもないだけに、必ずしも状況が良くなるとも言えないのが辛い。

タイトルとURLをコピーしました