売買契約と手付

手付と解除

手付には種類があるが原則的には解約手付、一般的にも解約約手付とされている。

買主が売主に手付を交付したとき

相手方が契約の履行に着手するまでは、買主は手付を放棄して、売主は手付の倍額を現実に買主に償還することで契約解除できます。(民法557条1項)

相手側が既に契約の履行に着手してたときは解除できないことになります。買主が支払う準備をしたうえで売主に履行の催告をした場合は契約の履行に着手したとされます。(判例)

タイトルとURLをコピーしました