意思表示の錯誤

錯誤による取り消しができるとき

社会通念に照らして重要であるとき。

要素の錯誤、又は動機の錯誤(法律行為の基礎として表示されてるとき)は、表意者に重大な過失がなければ取り消せる。(民法95条1、2項)

表意者に過失があるときでも錯誤による取り消しができるとき

相手方が錯誤について知り、又は重大な過失によって知らないときは取り消せます。又は相手方が表意者と同一の錯誤に陥ってたときも取り消せます。(民法95条3項)

宅建過去問

AとBとの間で令和2年7月1日に締結された売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、売買契約締結後、AがBに対し、錯誤による取消しができるものはどれか。

Aは、自己所有の自動車を100万円で売却するつもりであったが、重大な過失によりBに対し「10万円で売却する」と言ってしまい、Bが過失なく「Aは本当に10万円で売るつもりだ」と信じて購入を申し込み、AB間に売買契約が成立した場合。

×

Aは、自己所有の時価100万円の壺を10万円程度であると思い込み、Bに対し「手元にお金がないので、10万円で売却したい」と言ったところ、BはAの言葉を信じ「それなら10万円で購入する」と言って、AB間に売買契約が成立した場合。

×

Aは、自己所有の時価100万円の名匠の絵画を贋作だと思い込み、Bに対し「贋作であるので、10万円で売却する」と言ったところ、Bも同様に贋作だと思い込み「贋作なら10万円で購入する」と言って、AB間に売買契約が成立した場合。

Aは、自己所有の腕時計を100万円で外国人Bに売却する際、当日の正しい為替レート(1ドル100円)を重大な過失により1ドル125円で計算して「8,000ドルで売却する」と言ってしまい、Aの錯誤について過失なく知らなかったBが「8,000ドルなら買いたい」と言って、AB間に売買契約が成立した場合。

×

タイトルとURLをコピーしました