4K8Kの基礎知識

4K8Kの意味

まず4K8Kが何を意味するのか調べました。

2Kというのが今のハイビジョン放送のことで

4Kだと今の4倍の画素数

8Kだと何と16倍の画素数のようです。

4K8Kはこの画素数のことで

2K(1,920×1,080)約200万画素
4K(3,840×2,160)約800万画素
8K(7,680×4,320)約3300万画素

4Kや8Kはこの水平の画素数の大まかな数字としてそう呼ばれてるようです。

こうみると単純な理由ですね。

4K8K放送の魅力とは

画素数が多いと細かい表示が出来ることは何となく理解できます。

ただ、テレビのサイズが小さいと細か過ぎて違いがわからないかもしれないですね。

2Kから4K8Kとテレビの奨励サイズが大きくなるのも納得です。

画素数の違いはわかりやすいですが、次世代放送というだけあってそれだけではないようです。

表示可能な色の範囲が拡大

表示可能な色が大幅に拡大するようです。

実際に見える色に近い表現が可能で、食べ物がよりおいしく見えるかもしれませんね。

動画がなめらかに

4K8K動画性能の説明

総務省HPより

現在の放送は1秒間に30コマ。それが4K8K放送だと最大で120コマになるようです。最大なのですべててそうなるとのことではないでしょうが、動きのある動画でも残像間のない動画が期待できます。

今でも倍速液晶とか言われて、残像間を低減する技術は進歩してきましたが、あくまでテレビ側の対応で弊害もありました。これからは放送自体が高速化されるので、よりぼけずに、なめらかな動画になるでしょう。

色や明るさの変化もなめらかに

階調表現はわかりにくいですが、色や明るさのグラデーションでこれまでは段があるように見えることがありました。それがなめらかになることで段が感じにくくなります。

明るさの範囲も拡大

HDR技術とはハイダイナミックレンジの略で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)よりも輝度の幅を表現できる技術です。

以前だと暗い部分と明るい部分で白飛びや黒潰れが発生して、見づらい映像になることがあったのが、ダイナミックレンジの拡大で表現出来る範囲が広くなって明暗のある映像でも自然な描写が可能になったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする