OSクリーンインストール時のStoreMIの挙動

SToreMIのドライブ情報はドライブ自身にある

OSは新規にSSDにクリーンインストール。ただし、ハードウェア的な環境は前回の構成を大半引き継ぐので、マザーボードを変えても引き継げるかどうかは不明。

結論からいえば、StoreMIを再度インストールさえすれば、なんの設定をすることもなくStoreMIとして利用してたドライブが復活した。ドキドキしたけど助かった感じ。

当初懸念してた事態は再設定しないとデータが復活しない、もしくは最悪のケースとして完全にデータを見失いデータを消去を伴う再設定だったが、StoreMIの環境はOS側ではなく設定したドライブに書き込まれてるらしく、OSの再インストールやクリーンインストールしても問題ないと分かった。

OSをクリーンインストールしてもStoreMIに利用したドライブは認識されない

StoreMIとして利用したドライブは通常のドライブとして認識されてなかった。もしかすると通常のHDDとして認識はするが意味不明なデータがあるとか、片方のドライブのみ認識する可能性があると思っていたが、そんなことはなくSToreMIとして利用されたドライブは通常のフォーマットではないようで、StoreMIを利用しないと一切使えない。

StoreMIの挙動はRAIDに似ている

SToreMIの挙動はソフトウェアレイドに極めて似ていて、キャッシュとして利用されるだけのIntelOtaneMemoryとはかなり違う。メリットは容量は減らないことだが、そうだとすると無料制限の256GBは痛い縛りかもしれない。なぜならたった256GBのために他のデータを危険にさらしていることになるから。

未分類

Posted by 管理人