4K8Kの基礎知識

4Kや8Kの基礎知識

最近よく聞く4K8Kですが、あるときには4Kテレビだったり、4K8K放送といったり、4K8K動画だったりします。

この4K8Kとは画素数のことで、現在の放送である2K(200万画素)に比べて4K(800万画素)は4倍。8K(3300万画素)は何と16倍の画素数を誇ります。

画素数とは1つの画像を表現するのに使用されるピクセルの総数です。多いほうが細かい表示が可能になると理解してください。

4K8Kとは

総務省HPより

2K4K8Kの比較画像

総務省HPより

4K8Kという名称は横のピクセル数である4Kならば3,840と8Kならば7,680から呼ばれています。

画素数が増えることによって、物凄く単純に言えば

現在のTV放送(1,920×1,080)と比べて

4K(3,840×2,160)は4倍綺麗。

8K(7,680×4,320)なら16倍綺麗。

と思っても間違いではありません。(実際には、あくまで数字上のスペックでテレビ画面の大きさや個人差もありそうは思えないこともある。)

4K8Kは今(2K)よりも高精細だから綺麗に見ることが出来ると思ってください。

ただし、本当に綺麗になるのは。

4Kや8Kで撮影されて、4Kや8Kで放送されて、4Kや8Kを見ることが出来る環境で視聴したときだけです。

どれかが欠けても

4Kや8Kの利点とは?

4Kや8Kは今の放送(2K)よりも高精細なのですが、それだけではありません。

4K8Kがこれまでよりも優れている点をまとめました。

映像が綺麗になる。

まずは映像が綺麗になることです。それによって臨場感あふれる映像になりリアリティや奥行きも向上するでしょう。

字や文字も綺麗になるから読みやすい。

画素数が上がれば解像度を上げることが可能で表示できる字や数字も綺麗になります。映画の字幕や天気予報の数字も格段に視認性が良くなるでしょう。

また、TV側の機能として4K8Kテレビならばテレビ欄などの字も高精細になるので視認性だけでなく操作性も向上するでしょう。

広い範囲を映すことが出来る。

解像度が上がることのメリットとしては、綺麗になることだけでなくて広範囲を映しても視聴に耐えうる範囲が広くなることです。以前の放送ならばサッカー中継でピッチ全体を映せば選手とボールの視認できなくなりましたが、これが4K8Kになればピッチ全体を映しても視認する範囲が広くなります。

大画面テレビの恩恵が増える

広い範囲を映せば、どうしても個別の被写体のサイズは小さくなります。これまでのテレビに比べて広い範囲が視聴可能になる反面、小さく感じる可能性が増えるでしょう。

そこで大画面テレビです。高精細なため、大画面にしても綺麗な映像を維持できます。4K8Kの恩恵を最大限に発揮するのは大画面テレビで視聴するときかもしれません。

動きも滑らかになる。

4K8K動画性能の説明

総務省HPより

高精細でもボケボケの動画では意味がありません。4K8Kは今の30コマから最大120コマの向上しています。これにより動きにも強く、なめらかな映像が期待できるでしょう。

色や明るさもよりリアルになる。

音質も向上。

良いところばかりではない可能性も?

映像や音声のデメリットはまずないといえます。想定されるデメリットはそれに伴う費用負担です。視聴者側としてはテレビを始め、対応チューナーやアンテナ。その他の配線機器等なでも対応の必要があるなど、これまでに比べても大きな変更です。新しい技術の出始めは価格が高いことが多く、値段が安定するまでには時間がかかる可能性があります。

制作側にとっても撮影から編集などでも4K8K対応にするには負担が増えます。視聴者が求めるコンテンツがどこまで提供されるか不透明なため、思ったような番組が

4Kや8Kを見るためには?

残念ながら、今は一般的な4K8K放送はありません。2018年12月から「新4K8K衛星放送」が予定されています。

しかし、現在でも4Kサービスはあります。

スカパー

ひかりTV

ケーブルTV

オンデマンド放送、インターネット動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする